久留米大学文学部同窓会 トップへ戻る お問い合わせ
お知らせ 会長挨拶 活動報告 学内情報 インタビュー 文学部歴史 リンク集 掲示板
  文学部歴史  
文学部年表
学科編成の変遷
 文学部年表
1992年
   
4月
・久留米大学に文学部創設。人間科学科と国際文化学科の2学科体制でスタート(入学生252名)
・阿蘇にて第1回文学部ワークショップ開催(以後毎年開催)
6月
・『文学部研究業績一覧』発行(以後継続)
9月
・父母の会発足
10月
 
文学部開設記念講演会(1日福岡市都久志会館);「孝と情欲−動乱の中の儒教の苦悩」岡村繁。「経営の革新と新しいリーダーシップ」三隅二不二
文学部主催公開講座『九州学を楽しむ』(サンライフ久留米);「交通安全の心理学」船津孝行(17日)。「江戸時代の九州の漢詩人たち」岡村繁(24日)。「古墳から見た九州の豪族」佐田茂(佐賀大(31日)。「筑後川とともに生きる」渡辺満(11月7日)
11月
 
文学部主催公開講演会(6日別府市中央公民館大ホール);
「豊前・豊後の人文的特性」長谷目源太(詩人)。「広瀬旭荘の漢詩」岡村繁
文学部主催公開講演会(21日九州電力佐賀支店ホール);
「鎖国と開国−ケンペルと鍋島閑叟」杉谷昭;「教育の迷信と子どもの願い」濱田哲郎
12月
  ・『久留米大学文学部紀要』:「人間科学科編」及び「国際文化学科編」の創刊号発行(以後毎年発行)
1993年
   
4月
  ・文学部スタッフ10名の異動;「外国語教育研究所」の創設
10月
 
久留米大学本 高麗板『白氏文集』を所蔵
公開講演会(16日鳥栖市);「菊の道 -鳥栖の古俳諧-」田中道雄(佐賀大学)、「僧大潮の漢詩」岡村繁。
11月
 
公開講演会「医師と患者の関係」渡辺満、「人生八十年時代 を生きるための知恵」杉田肇(大分県医師会副会長)(以上6日大分市)。「恋愛・結婚・性」江 頭肇、「女性の生き方と職業観」原岡一馬(以上13日福岡市女性センター)
1994年
   
9月
 
公開講演会(3日福岡市博物館);「福岡の盲僧琵琶」永井彰 (福岡市文化財保護審議員)、「サーカスの芸の道-シルクロ ード・中国から日本へ-」越智重明
10月
 
『九州学を楽しむ』出版
1995年
   
6月
 
公開講座;「古文書を読む -古文書から見た久留米-」池畑裕樹。〔公開講座は毎年開講される〕
1996年
   
1月
  ・文学部同窓会設立
3月
 
文学部完成年度記念植樹;「コブシ」
4月
 
文学専攻科を設置(各専攻 5名)
1997年
4月
 
全盲学生のための修学援助ボランティア始まる
10月
 
公開講座(文学部);「世界と人間の再発見」
1999年
   
4月
 
博物館学芸員の資格取得が実現
2000年
   
4月
 
社会福祉学科を増設。3学科体制になる
国際文化学科、日本文化・東洋文化・欧米文化の3コースから、欧米文化を英語系と文化系に分け、
4コース制へ。
5月
 
公開講座(社会福祉学科);「21世紀の福祉を考える」(〜7月)
10月
 
社会福祉学科開設記念講演会(30日、500号館);
「戦後50年を顧みて」仲村優一(元日本社会事業大学学長)。
「福祉の学び、福祉の実践、そして地方行政」潮谷義子(熊本県知事)
2001年
   
4月
 
大学院心理学研究科を設置
6月
 
公開講座(人間科学科);「メディアと情報が変える現代 社会」(〜7月)
9月
 
公開講座(国際文化学科);「欧米文化を読み解く」(〜10月)
10月
 
文学部開設十周年記念式典と記念講演会(その1);
「流行から文化へ−日本の中国文化受容のパターン」岡村繁(初代文学部長)(5日、800号館)
2002年
   
3月
 
文学部開設十周年記念式典と記念講演会(その2);「物 語としての夢」 河合隼雄(文化庁長官)(3日、石橋文化 ホール)
4月
 
人間科学科を改組して、心理学科と情報社会学科を開設。
4学科体制になる
7月
 
『メディアと情報が変える現代社会』出版
9月
 
心理学科・情報社会学科創設記念講演会(27日、石橋文化 ホール);
「日本人のこころ」五木寛之(作家)
2003年
   
4月
 
国際文化学科の履修コースを再編成し、日本語日本文化・ 東アジア文化・
英語英米文化・ヨーロッパ文化・歴史の5コースとなる
6月
 
公開講座(心理学科);「行動はこころの鏡」(〜6月)
2004年
     
4月
 
図書館に筑後文化資料室を設置
7月
 
・御井学生会館1FにFMスタジオ開設
・『行動はこころの鏡』出版
10月
 
文学部同窓会創設十周年記念講演会(17日石橋文化ホール);
「裁かれる家族−少年犯罪、断たれた絆をみつめて」佐木隆三(作家)
12月
 

久留米大学校歌50周年記念「丸山豊−詩とこころ」 (5日筑水会館ホール);対談森崎和江(詩人・作家)・山本源太(陶芸家)

丸山豊蔵書を筑後文化資料室に受贈
2005年
   
5月
 
公開講座(社会福祉学科)「老いを探索する」(〜6月)
11月
 
文学部将来像検討会を設置
2006年
   
1月
 
文学部将来構想委員会を設置
4月
 
国際文化学科、国際交流・歴史・英語英米文化・ヨーロッパ文化・日本語日本文化・
東アジア文化の6コースとなる
7月
 
『老いを探索する−高齢期を豊かに暮らすために−』出版
12月
 

『久留米大学文学部 文学部 15年の歩み、そして今…』を発行



このページのTOPに戻る▲



 学科編成の変遷
T.創設時
U.社会福祉学科創設時
V.人間科学科改組時
W.国際文化学科、社会福祉学科改組時

学科編成の変遷のTOPに戻る▲

学科編成の変遷のTOPに戻る▲

 

このページのTOPに戻る▲

COPYRIGHT(C) 2005 DOUSOUKAI All Right Reserved.